LINK
仕事があっても、その雇用がいつまで続くかわからない時代です。もしもの時のために今できることはしておきたいものです。貯蓄もその一つですが、少ない収入の中から貯蓄をするのは困難です。 副業をして収入を増やすことで将来にも備えられますし、副業自体が将来の仕事につながる可能性もあるので、自分の得意なことをもとに副業をしてみるのもよいでしょう。 あくまで副業なので、本業に支障が出ない程度に行うように心がけましょう。睡眠を削ったり、仕事中に副業の連絡をしていては、本業で仕事を失ってしまうかもしれません。そうならないように自己管理ができるようになることが必要です。 副業はアルバイトのようにどこかに行って働くだけではなく、内職などのように自宅で仕事を受ける場合があります。その場合は納期を守れるように、余裕のある仕事の受け方をしましょう。収入を増やしたいからと多く仕事を受けてこなせなければ、信頼を失ってしまいます。できることをできる範囲で行うということを心がけましょう。